fbpx

中小企業のWeb活用
Webマーケティングブログ

Website Utilization Blog

中小企業の皆さまがWebを活用いただけるよう
基本知識から応用まで発信していきます。

売上アップにつながるWebサイトのリニューアル方法とは?必要な費用や準備などを解説

売上アップにつながるWebサイトのリニューアル方法とは?必要な費用や準備などを解説

Webサイトは、作って終わりではありません。時代の変化やデザイン・機能追加などの要因をもとに、常に改善を行っていく必要があります。

改善を伴うWebサイトのリニューアルを行うためには、そのコストや具体的な対策方法などを事前に理解しておくと安心です。そこで今回は初心者にも分かりやすいように、Webサイトのリニューアルについて知っておくべき準備方法などの項目を解説していきます。

Webサイトリニューアルとは?目的を解説

Webサイトのリニューアルとは、「仕様が古くなったりWebマーケティングに適さなくなったりしたWebサイトを、抜本的に手を加えて変更すること」です。リニューアルと言うと大幅な変更を指すことが多く、一部内容を少し差し替えたり、追加したりするだけの更新・改修とはまたニュアンスが異なります。

  • ・デザインが今の時代に適さなくなった
  • ・内部コードが昔の仕様になっていて使いにくい
  • ・Webサイトに対してWordPressなどの制作ツールを新規導入したい

といった際にWebサイトのリニューアルを行う必要があります。

Webサイトのリニューアルを成功させることで、自社の認知度アップや売上成長などへつなげることも可能です。

Webサイトをリニューアルする目的とは

Webサイトをリニューアルするのは、以下のような目的があるからです。

デザインを大幅に変更したいから

見た目に分かりやすいリニューアル方法です。ユーザーに直接見えるデザインを刷新して、モダンな感じにしたり機能性を上げたりする際に実行します。

たとえば「自社のブランドがまったく違うものへ変更になったから、新しいイメージを端的に打ち出せるようにWebサイトデザインを変更したい」といった際は、大幅な変更が必要です。変更の際は単にデザインカラーやロゴを変更するだけでなく、キャッチコピーや商品・サービス紹介の内容の変更なども検討する必要があるでしょう。またパンフレットやその他コンテンツとデザインイメージを統一して、イメージの混乱が起きないようにするのも重要です。

さらにデザイン変更によって前より機能へアクセスしやすくなった、というように、ユーザー目線で使いやすいものを制作できるように工夫しないといけません。会社目線だけでデザインをリニューアルしてしまうと、かえって使いにくいデザインができてしまうリスクもあります。

システムを抜本的に変更したいから

今までのシステム運用体制を変更する際にも、Webサイトのリニューアルが行われます。

たとえば「今までフルスクラッチで制作した独自のWebサイトを運用していたが、運用面の効率を上げるためにWordPressへ移植を行いたい」といったニーズがあります。この場合は既存のWebサイトのデザイン・機能をどうやってWordPress上で再現・あるいは更新するのか考える必要があり、動作でエラーが起きないように手順に沿ってじっくり作業を行う必要があるでしょう。

運用等の内製を前提としてシステムのリニューアルを行う場合は、

  • ・新しいシステムが自社にぴったりの運用コストや機能になっているか
  • ・自社の担当者が問題なく使える操作性が確保できているか
  • ・既存Webサイトの移植等の際に著しい不具合が起こらないか

といった点を確認してみてください。

スマートフォン向けにレスポンシブ対応したいから

スマートフォンへデザイン・機能対応する考えは今や常識であり、PCではなくスマートフォンデザインからWebサイトを制作するパターンが増えているほどです。しかし昔のWebサイトはPCを前提としており、スマートフォン閲覧を考えていないケースも多いです。そこでリニューアルによってレスポンシブ対応を行い、デバイスに沿った見た目を確保することがあります。

スマートフォンへ対応したリニューアルを行うには、

  • ・Webサイト、スマートフォン等の見た目をいっぺんに更新できる仕様であるか
  • ・スマートフォン用のデザインファイル、コードが実際にしっかり機能しているか
  • ・レスポンシブでデザインが変わった際、見た目が崩れたりしないか

といった点に注意して作業を行いましょう。

Webサイトのリニューアルをすべきタイミング・期間

続いて、Webサイトのリニューアルをすべきタイミングや期間をご紹介していきます。

Webサイトをリニューアルすべきタイミングとは

Webサイトをリニューアルすべきタイミングは、

  • ・Webサイトが現在のマーケティング方針・施策に合わなくなった
  • ・SEO上現在の構造では施策を実行できなくなっている
  • ・新しいデザイン・機能をいろいろと取り入れてみたい

といった課題が発生したときです。課題が顕著になってきた際に、対策を行い今後支障が出ないようにリニューアルを行います。

ただし、リニューアル自体が必要でないケースもあるので注意しましょう。たとえば「Webサイト上での売上を前年度より20%ほど上げたい」という目的のために、リニューアルを検討したとします。この場合は全面的にリニューアルを行うのではなく、

  • ・EFOツールを部分導入する
  • ・カートツールを既存ページへ新規導入して組み合わせる

といった方法でも対応が可能です。上記のような一部変更のみで済む場合、費用がかなり抑えられます。

Webサイトリニューアルは大きな効果をもたらす代わりに多額の費用が発生します。実行する際は、本当にリニューアルが一番の方法なのかを検討してみる必要があるでしょう。

ちなみにマーケティング業界から見て、Webサイトのリニューアルが必要になるサイクルは「3~5年」です。マーケティングの方針等が大きく変更になるのがこの周期になるからです。リニューアルの時期は一定周期で回ってくる可能性が高いことを視野に入れて、その時期に入ったら一度全体的なWebサイト構造等を見直してみてください。

Webサイトをリニューアルするのに必要な期間

Webサイトのリニューアルへ必要な時間は、

  • ・制作に利用している、あるいは新規導入するツール
  • ・ページ量や内部コードの調整量
  • ・作業に充てられる担当者の数

といった要因によって変わってきます。

ですから絶対このくらい掛かるという時期ははっきり指定できませんが、LPのような縦長の1ページだけのような内容であれば1か月未満、またECサイトのようないくつもページが連なっているような構成だと3~4か月といった期間が掛かるでしょう。また独自で1から作ったWebサイトよりも、WordPressといったツールで管理しているWebサイトのリニューアルのほうが効率的に作業できるので、安く済みます。

また一般的に外注してリニューアルを依頼する際は、ページボリュームに比例してリニューアル費用が高くなります。もし複数のページリニューアルを依頼するのであれば、対応できる予算を前もって確保しておいてください。

Webサイトリニューアルの費用相場

Webサイトのリニューアル費用は、必要な作業期間と同じように利用しているツールや作業量、作業担当者数などによって変動します。

仮にWebサイト制作業者を利用するケースを想定すると、

  • ・ページのデザイン変更のリニューアル:50万円~100万円など
  • ・SEO対策などの施策を含めたリニューアル:100~300万円など
  • ・ブランディングや戦略立案も含んだ大幅なリニューアル:300万円以上など

といった費用相場が考えられます。

上記は一例であり、費用は複数の要素によって変動するのは前述したとおりです。ですからある程度の相場を確認しつつ、業者ごとに見積もりを取って内容・費用を比較するのが重要になってきます。

多くの業者では細かい依頼・作業内容が分からないため、実際の細かいプラン費用は出さずに見積もりで具体的な内容を提示するパターンが多いです。そこで事前に詳しい作業内容や納期・用意できる予算上限等をこちらから提案書に記載して提示できると、見積もりの精度が上がります。

複数の業者から見積もりを取得した上で比較して、依頼内容と費用が一番見合っている業者を選べば、悪徳な業者に引っかかることもなく安全です。

Webサイトリニューアル業者を選ぶ際のポイント

Webサイトリニューアル業者を選ぶ際は、次のポイントに注意しておいてください。

まずは目的・利用するツールを決める

漠然としたリニューアルでは、何の成果も獲得できません。

  • ・売上をこれだけ成長させたい
  • ・これだけ認知度を獲得したい
  • ・ホワイトペーパーのダウンロード数をこれだけ増やしたい

といったように、ある程度明確な目的を決めてからリニューアルの方向性を考えるのが重要です。

ある程度目的が決まっていれば、そこから業者といっしょに内容を細かく決めていく際もスムーズに作業が進みます。

また新規で導入する制作ツールについても、ツールによって費用や対応できる業者が変わってくるので事前に選定ができると安心です。たとえばWordPressだと対応業者が多いですし費用も安く済みやすいですが、それ以外のCMSだと対応できる業者が減り費用も高額化する可能性があります。

自社の業界や業種でのリニューアル実績があるか

Webサイトのリニューアルに関しては、業界・業種によってそのノウハウが違います。よって自社の業界・業種のリニューアルに強い業者を選定しましょう。

自社の業界・業種でのリニューアル実績が複数公開されていたり、「私たちはこういった業界・業種へのリニューアル対応が得意です」といった内容が公開されているところを選ぶほうがよいでしょう。

Webサイトのリニューアル技術以外にもスキル・知見を持っているか

Webサイトのリニューアル作業に関しては、単にデザインや機能をアップデートするだけでなくWebマーケティング面でも効果があるように工夫を行う必要があります。そこで単にWebサイトの制作技術があるだけでなく、

  • ・自社の目的に沿った適切なデザイン・機能選定をしてくれる
  • ・SNSといったツールとの連携を前提に設計ができる
  • ・SEOに関してキーワードやテーマ、更新すべき内容等でアドバイスがある

といったスキル・知見のある業者を選定できると安心して依頼が可能です。

売上アップといった効果を確実に見込むためには、単にWebサイト制作技術だけを持っている業者だけでは力不足のことが多いです。

まとめ

今回は売上アップ等につながるWebサイトのリニューアルについて、費用や準備のやり方などで解説を行ってきました。

Webサイトをリニューアルして成功するためには、目的の明確化やツールの選定、Webマーケティングにまで詳しい業者の選定等が重要です。また見積もりを行って各業者の作業内容・費用等を比較できると安心です。

Webサイトのリニューアルは複雑であり、作業期間も必要です。適切なタイミングで事前準備を行い、適切なリニューアルへ備えておいてください。

ご相談・ご依頼はこちらから!

ブログ記事に関する内容や
下記の様なお悩みをお持ちであれば、ぜひご相談ください

自社のWebマーケティングを強化したい
Web中心のビジネス戦略を策定できるパートナーを探している
Webサイトをリニューアルして成果を上げたい

Web制作やマーケティングについて相談してみる

合わせて読みたい

Googleマイビジネスの登録情報を解説!Googleマイビジネスの登録項目を解説!最悪の場合ガイドライン違反になることも
Webサイト制作会社の業者選定のポイント
無料で使えるGoogleマイビジネスを活用して実店舗の集客に役立てよう
中小企業がECサイトを作るときに最適!BASEのメリット・デメリットなどを解説
中小企業にふさわしいWebマーケティング会社は?見極めのポイントやメリット・注意点を解説
【初心者向け】ホームページ制作のおおまかな流れ!ポイントと注意点 
中小企業に必要なWebマーケティングとは
中小企業に必要なWebマーケティングとは 必要な理由や注意すべきポイントを解説!

お問い合わせ CONTACT

サイト制作、マーケティング施策、プロモーションなど
ご相談はお問い合わせフォームからご連絡ください。

お問い合わせはこちらから