中小企業のホームページ活用ブログ

Website Utilization Blog

中小企業の皆さまがWebを活用いただけるよう
基本知識から応用まで発信していきます。

ECサイトで全国や世界に商品を販売しよう!基本からサイトの種類や作り方まで解説

ECサイトで全国や世界に商品を販売しよう!基本からサイトの種類や作り方まで解説

こんにちは、岩手県のホームページ制作、Webサイト制作のカモシカスタジオです。

皆さんは「ECサイト」と言う単語をお聞きになったことがあるでしょうか。

楽天やamazon、ZOZOTOWNといった、オンラインから商品を購入できるWebサイトの事をECサイトと呼びます。

ECサイトはインターネットやスマートフォンの普及により、ユーザーの購買行動に変化が起きた事で大きく拡大しました。さらに昨年度から世界的に猛威を奮っている新型コロナウイルスの影響で、ECサイトの規模はさらに拡大しています。

今回はECサイトについての基本的なところから種類、実際にECサイトを制作する方法まで学んでいきましょう。

1.ECサイトとは

改めてECサイトの「EC」とはelectronic commerce(エレクトロニックコマース)の略で、日本語に訳すと電子商決済。つまり情報通信によって、商品やサービスを売買する事が出来るWebサイトの事をECサイトと言います。

皆さんも一度は楽天やamazonなどから商品やサービスを購入したことがあるかと思いますが、インターネットを通じて商品やサービスを購入出来るWebサイトは全てECサイトと呼びます。


ECサイトのメリット

ECサイトのメリットとして、24時間365日商品の販売・購入が出来ることが挙げられます。

販売側にとっては店舗が営業していない夜や深夜帯での営業も無人で行うことが出来、ユーザーにとっても買い物をしたいタイミングで商品の購入を行うことが可能です。

また、スマートフォンの発展により、ネットワークに繋がってさえいればどこでも買い物が出来ることもユーザーにとってのメリットです。

職場で空き時間を利用して買い物をしたり、家事の合間を縫って買い物するなどもECサイトだから可能なことです。

また実店舗では店舗周辺のエリアが商圏となりますが、ECサイトでは商品を全国、全世界に販売する事も可能です。もちろん世界で販売する場合は、言語を購入する国に合わせてカスタマイズしたり、関税や販売する製品によっては様々な許可申請なども考慮する必要がある為簡単ではありませんが、販売エリアが大きく拡大できるのは大変魅力的です。


ECサイトのデメリット

デメリットは実際の商品を見ることができない為、到着時にイメージと違う事がある点です。

衣服などは試着をする事が出来ないので、商品が到着していざ着てみるとサイズが合わなかった…、という経験は多くの人がされているのではないでしょうか。

また商品が手元に届くまでに時間がかかるという点です。購入は365日24時間いつでも出来ますが商品到着まで数日間はかかる為、今すぐ欲しい商品などはECサイトでの購入に向いていません。

ECサイトの特徴を理解しながら、さらに細かく種類について見ていきましょう。

2.ECサイトの種類

一口にECサイトと言っても実は様々な種類があります。それぞれ、メリットとデメリットを見ていきましょう。

ショッピングモール型サイト

amazonや楽天、ZOZOTOWNなど、ショッピングモールの様に一つのサイトに様々なユーザーやお店が集まり商品を販売するECサイトです。

このモール型にも種類があり、お店を出店するタイプ(テナントタイプ)と商品を出品するタイプ(マーケットプレイスタイプ)に分かれます。

テナントタイプ(お店を出店するタイプ)

テナントスタイプ

楽天市場YahooショッピングZOZOTOWNポンパレモールau Payマーケット

メリット
  • ・ショッピングモールが認知度が高く人が集まる為、出店直後からある程度集客が見込める
  • ・決済周りのシステムはショッピングモールに全て任せて販売・受注管理等に集中する事ができる
  • ・ユーザーが普段利用しているサイトであれば、信頼も高く購入のハードルは低い
デメリット
  • ・イニシャルコスト、ランニングコストが発生する
  • ・デザインに制限がある
  • ・競合も出店している事が多い事から競争となる

マーケットプレイスタイプ(商品を出品するタイプ)

マーケットプレイスタイプ

amazon、メルカリ、ZOZOTOWN

メリット
  • ・ショッピングモールが認知度が高く人が集まる為、出店直後からある程度集客が見込める
  • ・決済周りのシステムはショッピングモールに全て任せて販売に集中する事ができる
  • ・ユーザーが普段利用しているサイトであれば、信頼も高く購入のハードルは低い
デメリット
  • ・価格競争が起きやすい
  • ・決済周りのシステムはショッピングモールに全て任せて販売に集中する事ができる
  • ・商品中心のレイアウトの為、店のブランディングがしにくい
  • デザインに制限がある

ショッピングモール型ECサイトの特徴は、何と言ってもサイトの集客力・信頼性にあります。amazonや楽天市場などは何百万、何千万といったユーザーがサイトを利用しており、自社でここまでの集客を行うのは正直言って不可能に近いでしょう。またサイト事態の信頼が高く、購入のハードルが低くなる事は大きなメリットです。
しかし、間違いなく競合も出店している事から、いかに他との差別化を行いユーザーを獲得していくかの戦略が問われます。


自社サイト型

自社サイト型は、文字通り自社のWebサイトにECサイトの機能を追加し運用する方法です。
自社製品や、自社店舗で販売している製品をECサイトを通じて販売します。

メリット
  • ・ブランディングが行いやすい
  • ・商品中心のレイアウトの為、店のブランディングがしにくい
  • ・出品料や手数料は発生しない
デメリット
  • ・集客を自分たちで行わなければいけない
  • ・決済のシステムも自社で管理しなければいけない
  • ・ユーザーに認知されている企業でない場合、サイトの信用が低く購入のハードルが上がる
  • ・コストが割高

様々な点を自由に行える反面、コストが大きくかかってしまうのがデメリットですが、出品料や手数料が発生しないメリットもあります。

しかし有名企業や有名店で無い限り、集客面においてショッピングモール型には全く及びません。新規顧客を獲得する目的であれば、自社サイト型のみでの運用は難しいでしょう。


ASP型カートシステム

「ASP」とはApplication Service Provider(アプリケーションサービスプロバイダ)の略で、アプリケーションなどのサービスをネットワーク経由で提供してくれる仕組みの事を指します。つまりASP型カートシステムとは、ECサイトで必須とカート機能なるを提供し、オリジナルのECサイトを簡単に作成出来るサービスです。構築の為にサーバー等は必要ない為、簡単にしかもスピーディーにECサイトの構築が出来ます。

代表的なサービスとしてBASE、STORES.jp、Shopifyなどが挙げられます。

メリット
  • ・構築までのスピード
  • ・低コスト
  • ・決済はカートシステムを用いる為、セキュリティ的に安心
  • ・コストが割高
デメリット
  • ・デザインの自由度はそこまで高くない
  • ・自社のシステムとの連携は制限されている
  • ・決済はカートシステムを用いる為、セキュリティ的に安心
  • ・コストが割高

他のサービスに比べ導入コストも低く、手軽に始められるのがメリットでしょう。

デメリットとして、デザインの自由度が高くない、システム連携が制限されている等ありますが、デザインテンプレートを豊富に取り揃えていたり、最低限の連携等は行えるので、大規模なECサイト構築を必要としない限り、大きな問題とはならないでしょう。

3.ECサイトを制作するには

実際にECサイトを作るには、作りたいECサイトの種類によって異なります。それぞれ見ていきましょう。

ショッピングモール型(テナントタイプ)

楽天やYahooショッピングといった出店したいサービスに出店の申し込みを行います。その際に出店申込書や公的書類(登記簿謄本や商材によっては各種取扱資格書など)の提出が必要です。提出後は大体2週間から1ヶ月後に利用が出来るようになります。

その後は開店の準備として、お店の様々な設定や商品の登録などを行い、開店可能かの審査を申し込みます。晴れて審査に通過できればオープンとなります。

出店申し込みから最短でも1ヶ月程度は必要になる為、しっかりと準備をしてオープンを迎えましょう。

ショッピングモール型(マーケットプレイスタイプ)

出品したいサービスの出品用アカウントを作成します。その際にパスポートや運転免許証などの顔写真付き身分証明書や、ガス・水道などの請求書、銀行口座番号の提出が求められますので、しっかり準備しておきましょう。その後amazonではランダムでWeb面談を行い本人の確認をするようですので、しっかり対応していきましょう。

審査通過後は実際に銀行口座や出品者情報などの登録、商品を登録し出品となります。

自社サイト型

こちらはストアのWebサイトを構築し、そのWebサイトにEC-CUBEやMagentoなどといった決済システムを組み込む事で作ることが出来ます。

システムを動かすサーバーや、専門的な知識が必要な為敷居は高いと言えます。

ASP型カートシステム

こちらはBASEやSTORES.jpといった各種サービスに登録し、ストアのデザインや商品の登録を行えば、もうショップを運用する事が可能です。

サービス開始まで最も短期間で出来るため、まずはお試しでECサイトを始めたいという事業者様には向いているサービスと言えるでしょう。

4.まとめ

ECの市場規模は今後も広がっていくと予想されており、出店・出品したいと考えている事業者様は多いのではないかと思います。

一口にECサイトと言っても実は違いがある為、それぞれの特徴を理解することが大切です。

また複数あるECサイトのサービスの中から一つ選び出店するよりも、複数のサービスに出店する方が売上が上がる場合もある為、慎重に出店・出品計画を立てていくのが重要です。

カモシカスタジオでは、ECサイトの出店・出品に関するご相談に無料で対応しております。

不明な点や気になることなどありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ CONTACT

サイト制作、マーケティング施策、プロモーションなど
ご相談はお問い合わせフォームからご連絡ください。

お問い合わせはこちらから