fbpx

中小企業のWeb活用
Webマーケティングブログ

Website Utilization Blog

中小企業の皆さまがWebを活用いただけるよう
基本知識から応用まで発信していきます。

SEOとの違いを理解しよう!MEO、LPO、EFOとは

SEOとの違いを理解しよう!MEO、LPO、EFOとは

Webマーケティングには

  • ・SEO
  • ・MEO
  • ・LPO
  • ・EFO

といったさまざまな最適化にかかわる概念があります。各概念を理解して対策を行うことは重要なのですが、Webマーケティング初心者は各単語の違いをよく理解できていないことも多いでしょう。

上記4つの概念は最適化する対象が異なり、対策ポイントも違うので注意が必要です。今回は上記4つの概念および対策のポイントを、それぞれ分けてご紹介していきます。

SEOとは?ホームページ運営にも強くかかわる概念

SEOとは?ホームページ運営にも強くかかわる概念

SEOとはもともと「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」を略した言葉です。GoogleやYahooといった検索エンジンに関して、自社ホームページなどのコンテンツを最適化させるための概念ですが、Googleに関する仕組みを理解して対策を行うことが多いです(Googleが国内外ともに多くのシェアを獲得しており、Yahooが基本検索アルゴリズムをGoogleへ依存しているといった要因があるため)。

ホームページ運営の際は、SEOを必ず理解しておく必要があります。ホームページを指定のキーワードで上位表示させて適切に検索エンジン側へ内容を伝えるには、SEO対策が必須だからです。

SEO対策のポイントとは

SEO対策を行う際には、次のポイントを踏まえておきましょう。

  • ・Googleの基本概念・アルゴリズムに対応する
  • ・内部対策と外部対策の違いを理解する
  • ・コンテンツSEOを重視する

アルゴリズムとは「一定の基準・判断の仕組み」のことです。Google検索エンジンの場合は

  • ・地域に強く関連したキーワードに関しては店舗情報を表示する
  • ・機械的に作成したと思われるコンテンツは検索結果に掲載しない
  • ・ユーザーのニーズを簡潔にクリアしているコンテンツは上位表示する

といったアルゴリズムに則って検索結果を表示させており、「ユーザーファーストでコンテンツ表示・機能更新を行う」という概念自体は他の検索エンジンにおいても重要となっています。そこでGoogleの基本概念やアルゴリズムに対応したコンテンツを作るのが、まずは重要です。

またSEO対策の際は

  • ・内部対策:内部リンクやページタイトル等の最適化を行う
  • ・外部対策:主に外部コンテンツから評価してもらい、被リンクや引用を受ける

といった2つの対策をそれぞれ行う必要があります。内部対策がきちんとしていなかったり、外部対策に関して不正な操作を行ったりした場合はSEO効果が受けられないので注意しましょう。

さらにホームページ内にアップロードしたコンテンツの質を重視する「コンテンツSEO」についても、確認を行っておいてください。特に近年では検索エンジンのアルゴリズムへの対応を考え過ぎてしまい、ユーザーの検索条件に対して最適解になっていないコンテンツ等は上位表示されにくくなっているので注意する必要があります。

MEOとは?Googleマップ専用の対策方法とは

MEOとは?Googleマップ専用の対策方法とは

MEOとは「Map Engine Optimization」を略した言葉であり、マップツールの中でも特に認知度が高く利用者の多い「Googleマップ」に対策を行う概念です。GoogleマップはAndroidスマートフォンには最初からインストールされており、またPCユーザーも多いのが特徴となっています。

MEOではGoogleマップに自社情報を登録するために、まずは「Googleマイビジネス」を使えるようにします。そして情報を登録した後に、自社情報を地図上で表示・アピールしていくのがポイントです。

特にレストランや美容といった業種を取り扱っている場合は、実店舗への集客を効率化するためにMEOが重要となってきます。

MEO対策のポイント

MEO対策を行う際は、次の点に注意してみてください。

  • ・基本的なGoogleマップアルゴリズムを理解しておく
  • ・検索エンジンとも関連性があることを把握しておく
  • ・ホームページとの連携で相乗効果があることを理解する

まず、基本的なGoogleマップアルゴリズムを理解しておくことが重要です。

Googleマップのニーズは「今から行きたい、あるいは近いうちに行きたい店舗・施設に関する情報を収集して調査する」ことにあります。ですからメインのニーズは自社商圏と同じ地域になり、ローカルを意識した対策を行う必要がある点を理解しておいてください。

Googleマップの店舗情報掲載アルゴリズムは、主に

  • ・ユーザーの調査キーワードに対する関連性がある
  • ・ユーザーの居住地域からの距離が近い
  • ・店舗に関して知名度があるか

の3つに分かれます。すべての基準においてレベルが高いと認識されると、最上位表示の可能性もあります。

またGoogleマップで高く評価された店舗情報は、Googleの検索エンジンにおいても上位に表示されるのがポイントです。Googleマップ情報の一部が検索結果に目立つ形で表示されるので、自店舗のアピールがしやすいのがメリットになります。MEOを行うと、Googleマップおよび検索エンジンから集客ができる点を覚えておきましょう。

さらにGoogleマップには自社ホームページの情報リンクを掲載可能です。不足している情報をホームページを紹介して補完することで、ホームページへユーザーを誘導することもできます。またホームページ上でGoogleマップの店舗情報を掲載して、必要な情報をGoogleマップに誘導した上で提示することも可能です。

こういった連携施策によって、MEOだけでなくSEO上でもよい評価を受けやすくなります。SEOとMEOの対策を両方実行するのは手間ですが、その分メリットは大きいので実行を検討してみてください。

LPOとは?広義と狭義で意味が違うので注意

LPOとは?広義と狭義で意味が違うので注意

LPOとは「ランディングページ最適化(Landing Page Optimization)」の略です。ランディングページとは、ユーザーがインターネットにおいて最初に閲覧するページ(着地するページ)を表しています。

LPOは、ランディングページ解釈の仕方で2パターンの意味に分かれるので注意が必要です。

  • ・ホームページにおける複数ページのうち、最初にユーザーが閲覧する入りのページ
  • ・商品購入獲得等を目的とした単一の販促ページ(縦長ページ)

ランディングページは、ユーザーの興味を引いて購買等へつなげるために重要です。そのためLPOを意識して対策を行っていないと、離脱率が増加して売上が成長しなくなる、といったリスクを抱えてしまいます。

LPO対策を行いランディングページを最適化することで、

  • ・ページから直帰されて1ページだけしか見られないリスクを減らす
  • ・コンバージョン率を向上させてスムーズな購買を実現する

といったメリットを得られます。

LPO対策におけるポイント

LPO対策を行う際は、次の点を重視してみてください。

  • ・ファーストビューを重視する
  • ・ABテストの重要性を理解する
  • ・ユーザーニーズに応じたランディングページを別途用意する必要性も把握する

ユーザーの入りのページとなるランディングページでは、最初の読み込みにおける見た目、つまりファーストビューが重要です。ファーストビューにおいて

  • ・キャッチコピーや商品情報が見にくい
  • ・どんなテーマのページかが分かりにくい
  • ・デザインが自分好みではないと感じる

といった印象を与えた場合、ユーザーが直帰してしまうリスクが高まります。そこで

  • ・キャッチコピーや商品情報を簡潔にする
  • ・テーマが直感的に分かる構図にする
  • ・ユーザーニーズに合わせたデザインを心掛ける

といった対策によってアピール効果を向上させられるかがポイントです。

またユーザーにとって最も効果的なページ内容を見つけるには、複数のパターンを表示して検証するのも重要です。検証の際は専用ツールを使い、ABテストを実行することを心掛けておきましょう。キャッチコピーやCTAボタンの配置等を少し変えるだけでも購買効果などが変わってくるので、詳細なデータ分析を行ってみてください。

さらにユーザーニーズが複数考えられる場合は、ランディングページを出し分ける必要性も出てきます。1つのデザイン・機能だけではすべてのユーザーを満足させることが難しいのを視野に入れて、性別や年齢・趣味・趣向などに応じて複数のページを出し分けられるようにすると最適なアピール効果を狙えるでしょう。

EFOとは?問い合わせフォームを最適化する重要性とは

EFOとは?問い合わせフォームを最適化する重要性とは

EFOとは「エントリーフォーム最適化(Entry Form Optimization)」の略です。主にお問い合わせフォームや資料請求フォームといった入力画面において、スムーズな入力・誘導を実現するための概念です。

各種フォームはユーザーの情報を取得しながら、有益なコンテンツをダウンロードしてもらう・あるいは購入してもらう際に重要な役割を果たします。もしフォームに関して

  • ・スマートフォンで文字を打ちにくい
  • ・項目が多過ぎて面倒くさい
  • ・エラーが出たが具体的な箇所が分からない

といった問題が起きると、ユーザーは簡単に離脱してしまいます。結果的にコンバージョン率等が落ち込んでしまうので、せっかく集客したユーザーを逃さないためにEFOを行い情報を効率よく取得できるようにするのがポイントです。

EFO対策のポイント

次の点を確認すると、EFO対策が実行しやすくなります。

  • ・入力をスムーズに行える機能をフォームへ搭載する
  • ・余計な項目をヒアリングしないようにする
  • ・情報量が多く見えないように工夫を行う

まずは入力を手間に思わせない機能をフォームへ搭載するのが重要です。たとえば

  • ・項目ごとに入力内容アドバイスを提示
  • ・郵便番号入力で住所が自動入力される
  • ・エラーが出た際にエラー内容と箇所を強調表示する

といった機能は、複数の企業のフォームに搭載されている基本的なものです。

また、余計な項目をヒアリングしないように注意してみてください。ユーザーがフォームを入力する目的はホワイトペーパーのダウンロードや商品購入ですが、目的に関して必要ない項目までヒアリングしてしまうと信頼度が下がり離脱のリスクも高まります。たとえばホワイトペーパーダウンロード時に、住所等を入力する必要性はあまりありません。

このため最重要の項目のみを必須入力にしておき、必要ない情報の入力は任意にする・あるいは省略するのが重要です。

さらに情報量を多く見せない工夫も必要です。たとえば項目ジャンルごとにページを分けて別途表示するなどの工夫で、1ページ1ページのボリュームを少なく見せる事例も存在しています。そもそもの項目数が少ないときはあまり意識する必要がないですが、どうしても複数項目をヒアリングする必要性がある際は工夫を行いましょう。

まとめ

今回は最適化に関する4つの概念の違い・および対策のポイントをご紹介してきました。

  • ・SEO
  • ・MEO
  • ・LPO
  • ・EFO

上記4つの概念はWebマーケティングにすべて関係していますが、対象としているコンテンツや対策方法が異なります。それぞれの違いや関連性などを考えて、適切な対策を行うのが重要です。

人手が足りないといった理由で各種対策が難しい場合は、ホームページ制作会社等に依頼を行うのも有効な手段です。岩手県を拠点としている「カモシカスタジオ」でもホームページ制作やマーケティング実行等をサポートしているので、ぜひ気になる方はご連絡ください。

ご相談・ご依頼はこちらから!

ブログ記事に関する内容や
下記の様なお悩みをお持ちであれば、ぜひご相談ください

自社のWebマーケティングを強化したい
Web中心のビジネス戦略を策定できるパートナーを探している
Webサイトをリニューアルして成果を上げたい

Web制作やマーケティングについて相談してみる

合わせて読みたい

Googleマイビジネスのクチコミ投稿をQRコードで簡単に!
無料で使えるGoogleマイビジネスを活用して実店舗の集客に役立てよう
中小企業に必要なWebマーケティングとは
【2022年最新】SNSマーケティングとは?BtoBでもBtoCでも重要なそのメリット・デメリットを解説
中小企業がECサイトを作るときに最適!BASEのメリット・デメリットなどを解説
Googleマイビジネスの登録情報を解説!Googleマイビジネスの登録項目を解説!最悪の場合ガイドライン違反になることも
集客に強いホームページとは?見た目だけじゃない売上につながるホームページへ
ECサイトで全国や世界に商品を販売しよう!基本からサイトの種類や作り方まで解説

お問い合わせ CONTACT

サイト制作、マーケティング施策、プロモーションなど
ご相談はお問い合わせフォームからご連絡ください。

お問い合わせはこちらから