fbpx

中小企業のホームページ活用ブログ

Website Utilization Blog

中小企業の皆さまがWebを活用いただけるよう
基本知識から応用まで発信していきます。

中小企業に必要なWebマーケティングとは

中小企業に必要なWebマーケティングとは

中小企業は予算も限られ、またリソース的にもできることに限界があります。といってもテレビ・新聞といった予算規模が大きい媒体を使うのでなければ、「Webマーケティング」を適切に実施することで予算やリソースの問題は解決できます。

Webマーケティングを適切化するには、その手法事例などを知り施策へ取り入れる考えが重要です。またニッチな場所で評価を獲得するスキルも必要になってきます。

今回は中小企業のWebマーケティングの必要性などを解説していきます。

Webマーケティングとは

Webマーケティングとは

そもそもWebマーケティングとは、「商品・サービスの販売促進に関する一連の工程であるマーケティングを、Webを中心として行う考え」です。たとえば

  • ・インターネット広告を出す
  • ・ホームページを作って集客する
  • ・SNSで情報発信してフォロワーを増やす

といった行動がWebマーケティングの事例です。

ちなみに「デジタルマーケティング」という言葉もあります。こちらはデジタル技術を使ったあらゆるマーケティング手法を表す概念であり、Webマーケティングはその中でもWebサイトやSNSといったWebメディアへ特化したマーケティング手法だというのを覚えておきましょう。

Webマーケティングが需要を伸ばしているのは、

  • ・インターネット・デバイスが一般に普及したから
  • ・マスメディアを使ったマーケティングよりコストを削減しやすい
  • ・ターゲットユーザーを絞って集客ができる

といった要因があるからです。ピンポイントに集客してコストを削減できるメリットから、特に予算面等で大手企業より余裕がない中小企業は実質的にWebマーケティングが必須となっています。

中小企業にWebマーケティングが必要な理由

中小企業にWebマーケティングが必要な理由

中小企業にWebマーケティングが必要なのは、次のような理由があるからです。

長期間の集客が可能

たとえばスーパーがチラシで集客を行うと、その賞味期限は短いです。イベントやキャンペーン等のタイミングごとにいちいちチラシを印刷・配布する手間が掛かります。

Webマーケティングの一環としてアプリを使い、デジタルチラシを配布するとします。するとチラシ情報は更新しないといけませんが、印刷・配布する手間は減るのがメリットです。またアプリをハブとして長期間顧客へ情報を発信・継続的なフォローができる点がポイントになってきます。

Webマーケティングを使うと各媒体で長期間の集客が可能なので、定期的に自社へ利益をもたらしてくれます。賞味期限切れが起きにくいのは強みと言えるでしょう。

無料・スモールスタートから始められる

たとえばテレビや新聞のチラシなどは、有料です。しかも地域を絞ったりしてもかなりのお金が掛かるので、おいそれとは実行できません。中小企業として実行に踏み切れなかったところも多いでしょう。

しかしWebマーケティングは、無料から始められるというのが大きいです。さすがにWeb広告は無料では出稿できませんが、ホームページの開設は専用ツールを無料で契約すればすぐ実行できます。またメールマガジンの配信といった手法も無料で行うことが可能です。。

これに加えて有料のWebツールを導入してマーケティングを行うと、さらに効果が見込める可能性が高まるのもポイントです。最初は無料で施策をスタートさせて、効果が出てきたら徐々に予算を増やす、といったこともできます。少しずつ予算や適用範囲を調整しながら実行できるのが、Webマーケティングの強みです。

効果分析で定期的に改善ができる

従来のチラシ配りやマスメディアへの出稿といった手法は、効果分析が難しいのがデメリットです。どのような年齢層や趣向を持ったユーザーへ情報を発信したのか、いまいちわからないためです。チラシにクーポンを付けてその利用数で効果をカウントする、といったことは可能かもしれませんが、今度はデータの正確性や集計の手間といった課題が発生します。

この点Webマーケティングは、データから冷静に状況を分析するのに向いているマーケティング手法です。ホームページへの訪問数やメールマガジンの開封率といった指標は、すべて各分析ツールで正確に測定されて表示されます。この時点で集計の手間が減りますが、さらに正確性においてもツールごとのアルゴリズムによって細かく計測が行われているので手入力より信頼がおけるのもメリットです。

こうやって集まったデータはさまざまな分析に掛けることで、施策の改善点やよいところ、将来的な成功率などを可視化できるのがメリットになります。そしてデータは消えずに長期間保管ができるので、継続的な施策改善のベースになるのもポイントです。

ローカルの検索ニーズが増えている

現在検索エンジンでは、ローカルの検索ニーズが増えています。というのもスマートフォンの普及に伴い、「付近の店舗情報を調べてすぐ向かう」という需要が出てきたからです。

これを受けてGoogleでは検索アルゴリズムにローカルのニーズを取り入れました。たとえば「レストラン 夜」と入力すると、地域名が入っていなくても位置情報等で近くにあるお店を判断して優先的に表示するようになっています。こういった動きの中で、ローカルの検索ニーズをWebマーケティングならばクリアできるのがポイントです。

たとえばGoogleマップへ店舗情報を登録して、ホームページと連携させるだけで検索エンジンにGoogleマップの自店舗情報を掲載したり、Googleマップからホームページへ誘導したりできるようになります。こういった各ツールの利用によって、特に地元に店舗を構えているような中小企業は大きなメリットを受けられます。

中小企業が取り組むべきWebマーケティング施策

中小企業が取り組むべきWebマーケティング施策

ここからは、中小企業が取り組みたいWebマーケティングの施策事例をご紹介していきます。

ホームページをオウンドメディアとして記事をアップロードする

ホームページを使い継続的に顧客を獲得するには、定期的に情報をアップロードする必要があります。その中でも記事をアップロードしてホームページをオウンドメディア化する手法は、中小企業へおすすめです。

自社しか持っていないノウハウ紹介や初心者向けの説明記事などは、キーワードにもよりますがある程度の需要があります。そういった需要のある内容を記事にしてホームページ上にアップロード、その都度検索エンジンから評価を受けることでホームページが上位表示される可能性が高くなるのがポイントです。キーワードについては3語以上といったように、大手企業と被らないニッチ寄りのものを最初は選定するようにしておきましょう。

保有している記事は資産として集客へしばらくの間使うことができます。必要によっては情報更新なども行い、最新情報を発信できるようにしておくとより評価が高くなるでしょう。

Web広告でスピーディーに認知拡大・購買獲得

Web広告は運用型広告として、中小企業の集客へ役立ってくれます。

Web広告のメリットはそのスピーディーさです。時間を掛けて取り組む必要のあるホームページ構築・対策よりも、早い期間で効果が出てくるのが特徴になっています。特にSEO対策がしにくいランディングページでは、Web広告の利用が最有力の選択肢となってきます。

Web広告の使い方としては

  • ・自社メディアを全体的に紹介する
  • ・特定商品を売り込んで購買へつなげる

といった事例があります。Web広告出稿の目的に応じて内容を決めて、画像・動画やテキストメッセージなどを作成しておきましょう。

SNSマーケティングでファン増加

SNSマーケティングは自社アカウントを使ったり、インフルエンサーを起用した投稿を行ったりすることでブランドのファンを増やすやり方です。

SNSでは「これを買ってください!」といったようなあからさまなセールスは嫌われます。また「最近こんなことがあった」というようなアカウント投稿者の日常的な投稿や、フランクな投稿が好かれやすいといった特徴もあります。目的はあくまでファンの獲得や維持にあるのであって、購買を直接的に増やすことではないのを頭に入れておくと失敗が減るでしょう。

そしてファンが増えたら、最新商品の特徴紹介といった情報を発信して購買へつながるようにします。またファンから寄せられた投稿を確認してアカウントの評判や、新商品・サービスのヒントを見つけることも重要です。

メールマーケティングでリピーター創出

メールマーケティングはWebマーケティングにおいて地味な立ち位置にいがちな手法ですが、継続的な顧客フォローという点で重要な役割を果たします。

たとえばECサイトでは、

  • ・カートに入っている商品の警告
  • ・購入後のサンクスメッセージ送信
  • ・購入した商品の使い方
  • ・興味のありそうなおすすめ商品の紹介

などのメッセージをメールにて送信します。顧客の購買段階に合わせたフォローを行い、さらに後の段階へつなげたりするのがメールマーケティングの役割です。

メールマーケティングについてはフリーメールを使って都度内容を送信する方法も取れますが、手間がかなり掛かります。ということで定型的な内容を指定日時に自動送信したり、セグメントができる専用ツールの導入を実行時はおすすめします。

中小企業がWebマーケティング施策に取り組む際の注意点

中小企業がWebマーケティング施策に取り組む際の注意点

中小企業がWebマーケティングを行う際は、

  • ・最新のマーケティング手法・事例を知る
  • ・目的や予算、運用リソースなどを管理する
  • ・不正な手法があることを理解して外注を行う

といった点に注意する必要があります。

Webマーケティングのトレンドは変わります。たとえば最近では一般消費者向けにメールではなくプッシュ通知で情報を発信する、という手法も増えてきました。またホームページへのAR・VR活用事例も増えています。こういったトレンドを参考にして自社でどう使えるかイメージトレーニングを行うのが重要です。

またWebマーケティングは運用時に、目的や予算、必要リソース数を考えて設計を行わないと失敗します。目的に応じた施策数やツール数を考えて予算を設定、担当者を十分な数確保することが成功への近道です。

さらにWeb広告では「アドフラウド」という成果水増し手法が合ったりと、Webマーケティングには不正がつきものであることも頭に入れておく必要があります。もし外注する際は、こういった不正を検知して除外してくれる業者を選んでみてください。

まとめ

まとめ

今回は中小企業のWebマーケティングの必要性などを解説してきました。

Webマーケティングは予算面などから中小企業にも支持されているマーケティング手法であり、現代では必須の手法となっています。WebマーケティングではホームページやSNS、メールなどの媒体でピンポイントにターゲットユーザーを集客して購買へつなげられるかがカギです。

トレンドは変わってくるので、ぜひ最新の手法を参考にして自社施策へ取り入れる体制も確保しておいてください。

関連記事

売上アップにつながるWebサイトのリニューアル方法とは?必要な費用や準備などを解説
Googleマイビジネスの登録情報を解説!Googleマイビジネスの登録項目を解説!最悪の場合ガイドライン違反になることも
ホームページ制作が完了したら実行したいWebマーケティングホームページ制作が完了したら実行したいWebマーケティング
集客に強いホームページとは?見た目だけじゃない売上につながるホームページへ
Webサイトの制作前に決める重要な事 目的とゴール設定について理解しよう!
Googleマイビジネスのクチコミ投稿をQRコードで簡単に!
【担当者必見】ホームページ制作の依頼前に準備しておきたいこと
集客に効果的なホームページ作成のポイントとは

お問い合わせ CONTACT

サイト制作、マーケティング施策、プロモーションなど
ご相談はお問い合わせフォームからご連絡ください。

お問い合わせはこちらから